自分の当たり前がヒントに?やりたいことの見つけ方

こんにちは!

心理美容カウンセラー®︎、パーソナルスタイリストの古谷えりかです。

私は今の仕事に就くまで、何もやりたいことがなかったどころか、飽き性で続けられる趣味もありませんでした。笑 そんな私がどのようにして好きなことを見つけられたのか。

今回は、やりたいことの見つけ方についてお話させて頂きます。

▼前回書いた記事はこちら【MY WORK】▼

ママでも好きなことで起業!心理美容カウンセラー®︎・パーソナルスタイリスト 古谷えりか【MY WORK 01】

経験は宝物

好きなことをしたいなぁ、そうしたらもっと人生楽しめるのに!と思っていたものの、何の特技も趣味もない。実はやりたいことを探すのに、7年ほどかかりました。

ヨガ、ネイル、アクセサリー作り、ネット販売・・・行動力だけはあったので、やりたい!と感じることは色々挑戦しました。笑

・・・が、どれも全く続かない。そんな自分に何度もがっかりしましたし、周りも一体何がしたいの?と思っていたかと思います。

ですが、今その全ての経験があって良かったと心から感じます。結局、自分に合うか合わないかはやってみなければわかりません。やってみて、合わなければ失敗ではなく『自分には合わなかった』という大切な情報です。やってみることで、視野も広がります。

自分のやりたいことは、自分の興味のあることの中に種があるはずです♡

答えは自分の中にある

私がやりたいことを見つけられたのは、日本心理美容カウンセリングアカデミーで心理美容カウンセラー®︎の勉強をしていた時のことです。数ヶ月かけて自分自身と向き合ったり人を見抜く力を身につけていきます。

その中で32年間生きて来て初めて知る自分に出会いました。見たくない自分や気付かないふりをしていたい嫌な自分・・・笑

そこで感じたのは、どれだけ自分自身を無視して生きて来たかということです。

私がやってみようと手を出してきた多くのことは、自分自身の『好き』や『やりたい』ではなく憧れの人であったり、これをやっておけばいいかも!という外側ばかりを考えてのことでした。

自分のやりたいことは、答えは自分の中にあるものです。自分自身としっかり向き合うことも大切なポイントです。

 

自分の当たり前がヒントになる!

自分と深く向き合う中で、ファッションが大好き!という気持ちがはっきりありました。

ファッションに関わることをしたい!と信用していた親友にだけ話した時のことです。親友に、『えりかは人よりオシャレが好きだと思うよ!!』と言われたのです。

思えばファッションは生活の一部で気付けば私のネット検索欄は服のことばかり。無意識にファッションブランドのサイトを見たり何時間見ていても飽きずに当たり前のようにしていました。

今更やりたいことだと言えるとは思っていませんでしたが、自分では当たり前に自然にしていることが人にとっては当たり前ではない。これも自分では気付いていない事でしたが、自分の当たり前の中に、好きなことのヒントがあるかもしれません。

やってみたい!のハードルを下げる

ファッションに関わる仕事がしたい!と思ったものの、好きなだけで特別センスが良いわけでもなければ私より好きな人なんてたくさんいるし・・・というような言い訳が溢れてきました。

これも自分自身ではなく周りと比べているから出てくる考えです。

自分のやりたいことは、誰かに禁止されるわけでも人と比べることでもありません。心が動いたり、少しでもやってみたい!と思えることがあれば、それが正解です。

まずはネットで検索してみる。本で勉強してみる。実際にそれをしている人に会いに行く、など自分のできることから始めてみることがオススメです♡

焦らない♡

私たちは永遠に、やりたいこと、自分の使命を探しながら生きるのではないかと最近感じます。

やりたいことは必ず誰にでもあります!今見つけられていなくても大丈夫!行動すれば、必ず気付きます。探している間も楽しんでください!

そして何より、『やりたいこと=楽しいだけのこと』ではないことを知ることも大切です。どんなにやりたいこと、好きなことでも大変なこと、しんどいことはセットでついてきます。

やりたいことをやっている女性は活き活きしていてキラキラ輝いていますよね!

失敗は恐れなくても大丈夫!前を向いていれば、いつか今失敗だと感じることも成功への道のりだと気付くから♡

やりたいことを楽しめる女性が、沢山増えますように・・・!

 

 

ERIKA

古谷えりか 心理美容カウンセラー®/パーソナルスタイリスト 内面と外面を磨くことで悩んだり悲しんだりする女性を減らし『ハッピーな女性を増やす!』と骨格診断、...

プロフィール

PICK UP POST

RELATED ARTICLES

  1. この記事へのコメントはありません。